きこえのお助け隊

最近、特に耳が遠くなった高齢のお父さんやお母さん
そこで「そろそろ補聴器を試してみたら?」なんて勧めても頑なに拒んでしまいがちです。
なぜなら
「補聴器を付けること」={自分の老いを認めること」
になるからです。
自分でも耳が遠くなってきたことは自覚していても、なかなかその現実は受け入れがたいのです。
だからなんだかんだ屁理屈をkこねては補聴器をつけることを避けてしまうののなんです。

しかしそれでは
テレビの音量が大きくて他の家族が大迷惑
聞き間違いや聞き返しが多くて家族がイライラ
がいつまで経っても解消されませ。

補聴器を嫌がる親に補聴器をと付けさせることで一番の問題は
「親本人が補聴器専門店ませ連れて行くことが難しい」
ことではないでしょうか。

そこで知って欲しの
自宅まで出張してくれる補聴器屋さん|きこえのお助け隊
の存在です。

きこえの合お助け隊さんは自宅まで出張してくれて
聴力検査
補聴器の試聴
7日間の無料お試しor30日間返品保証
ができます。

これなら補聴器を嫌がる親でもなんとか補聴器を使ってもらって普通に聴こえる世界を体験してもらえると思います。
一度 普通に聴こえる世界と体感してもらえれば、きっと補聴器を嫌がる親でもその快適さに気づいて使ってくれると思います。

きこえのお助け隊の口コミ評判

聞こえのお助け隊 口コミ 評判
そこで気になるきこえのお助け隊の口コミですがその評判はこんな感じです。

聞こえる事で会話ができる楽しさが感じました。
千葉県 男性 F.S様(92歳)

買替を考えていましたが、年齢的にも集音器でもいいと息子には伝えていましたが、補聴器を貸出してもらいやはり聞こえる事で会話ができる楽しさが感じました。
凄く親切に対応してもらい感謝しています。


色々な場面で助かっております。
埼玉県 男性 K.Y様(34歳)

父の耳のことで申し込んだのですが、私の方が色々な場面で助かっております。
特に仕事で聞き漏らすことが非常に多かったのですが、それがほとんどなくなりました。
これからも宜しくお願い致します。


会話が少しでも理解出来ることで喜んでいます。
埼玉県 女性 T.M様(95歳)

介護している息子が会話が少しでも理解出来ることで喜んでいます。
担当のNさんが何回も来ていただき、とてもありがたく思っています。


会話をする意欲は出てきました。
東京都 女性 U.H様(95歳)

孫のすすめで問いあわせをしました。
もうあきらめていたのですが担当の方が優しく諦めたらダメですと話してくれました。
今はまだ万全に聞こえるわけではないですが、会話をする意欲は出てきました。


少しずつ仕事が出来るようになりました。
東京都 H.S様(75歳)

もともと予算が3万円しかなかったのですが、担当の方の話に納得して会社の社長に前借をしました。
でも補聴器をする事で少しずつ仕事が出来るようになりましたのでありがとうございました。

きこえのお助け隊の担当者とじっくり話し合うことで補聴器の課題や問題もなんとか解決できることも多いようです。

自宅まで出張してくれう補聴器屋さん「きこえのお助け隊」のご紹介

自宅まで出張してくれう補聴器屋さん「きこえのお助け隊」

ですから補聴器屋さんがあなたの自宅まで来てくれるってとっても助かることなのはわかっていただけたでしょうか?
そこで出張サービスをしてくれる補聴器屋さんの代表的な会社が「きこえのお助け隊です。

もし、補聴器を親に勧めたいうが、補聴器販売店にまでは連れて行けない?
そんな方は一度「自宅まで来てくれる補聴器屋さん|きこえのお助け隊」のことも知っておいてくださいね。

\出張対応地域、日本ナンバー1・自宅で補聴器相談/
きこえのお助け隊 公式ホームページはこちら

補聴器を嫌がる親を補聴器取扱店舗にまで連れて行くのは至難の業

補聴器を嫌がる親を補聴器取扱店舗にまで連れて行くのは至難の業

なんとか耳鼻科の診察は受けられても、その後の補聴器専門店に耳が遠くなった親を連れて行くのは正直かなり至難の業です。

実は補聴器を試聴したり、聴力の判定したりと補聴器専門店で補聴器を選ぶのはとても長い時間がかかります。
しかも、その後の調整や点検などのメンテナンスも必要になってきます。
ただでさえ外出することには億劫になっているのが高齢の親ですから、なかなか補聴器専門店に連れて行くのは大変です。

まして身体に麻痺があったり、寝たきりのお父さんやお母さんを車椅子で無理やり補聴器屋さんに連れて行くのは不可能なこともありまま。

補聴器販売店ってどこにあるの?

では補聴器ってどこで販売されているんでしょうか?
一番目にするのは眼鏡店ではないでしょうか?
でも、眼鏡店ではあくまで補聴器の販売はメインではありません。
あくめで眼鏡店のメインの商品は眼鏡です。(当たり前だけど)

それとは別に補聴器専門店というのもたくさんあります。
でも、補聴器専門店のお店や会社って駅前のビルの上の階だったり、駐車場もないところだったりと高齢の親を連れていくのはちょっと難しいことも少ないんです。

自宅まで出張してくれる補聴器屋さんのありがたみがわかる|補聴器購入までの流れ

最初ににお話ししましたが、もう一度 補聴器購入の流れを再確認してみましょう。

①耳鼻科の受診

難聴の原因によっては、治療可能な場合もあります。
耳鼻科医に難聴の診断を受け治療の必要がない場合、補聴器の使用をご検討しましょう。

②補聴器販売店に相談に行く

耳の遠くなった親を連れて補聴器販売店に相談しに行きます。
よく「補聴器を親にプレゼントしたい」などで補聴器販売店に来られる子供さんも多いのですが、補聴器は医療機器なので親本人が来店しないと購入できません。
補聴器販売店では専門の販売員が今の状況や聴力の低下の度合いを測定します。
難聴の度合いは一概に人それぞれ異なります。

③補聴器を選ぶ

補聴器にもいわゆるピンキリで価格帯も低価格帯から高価格帯までさまざまです。
さらに「片耳型」「両耳型」
さらに「イヤホン型」「耳穴型」
さらに「小型型」「超小型」
さまざまな選ぶポンとがあります。

④補聴器を試す

予算やタイプから選んだ補聴器を実際に装着して試してみます。
販売員や一緒に来店されたご家族と会話したり、店内の様々な音を実際の聞こえ方を確認します。
なにか不快なことがあればそこでいろいろな調整を行い、ぴったりの聞こえ方の補聴器にします。

しかし、この補聴器販売店での相談にはかなり長時間に及ぶのです。

⑤補聴器の貸出またはご購入

補聴器はかなり高額な商品です。
(10万円以上)
ですので、補聴器販売店では一定期間の無料貸し出しをしているところもあります。
日常生活で実際に使ってみて、購入を決断したり補聴器の対応を再検討したりします。

⑥定期的なメンテナンスや微調整

補聴器は超がつくほどの精密機器です。
補聴器の内部は最新のテクノロジーが詰まっています。
ですから定期的な点検やメンテナンスが必要になります。
また、難聴の進行は日々変化していきます。
ですので、その都度補聴器の再調整が必要になってくるのです。

いかがですか?
補聴器を購入するのってかなり大変なことがわかっていただけましたか?

もしも、親を補聴器屋さんも連れて行くことが難しいのなら「きこえのお助け隊」さんのことも主出してみてくださいね。

\出張対応地域、日本ナンバー1・自宅で補聴器相談/
きこえのお助け隊 公式ホームページはこちら




耳が遠くてテレビ尾の音が大音量ならコリらの記事もご参考にしてみてください。
ミライスピーカーの口コミは賛否両論だが高齢者のテレビに試す価値はある



ミライスピーカーの口コミは賛否両論だが高齢者のテレビに試す価値はある